電車にベビーカーを乗せることについて

赤信号ではないのに車が詰まっていると思ったら、渋滞の先に市営バスが停まっていた。バス停留所だからあたりまえなのだが、よく見るとバスの側面からステップのようなものが出ている。車は動かないし、バスをずっと見ていると、中から車椅子の人が降りてきたのだ。なるほど、先ほどのステップは車椅子の人でも乗り降りできる仕組みなのか。車椅子の人には付き添いの人も居たが、バスの運転手自らが付き添って安全にバスから降りるまで見守っていた。それが全て終わると、運転手はバスに戻り、やっと発進。後続の車も動けるようになった。

私には実は車椅子の親族が居て、車椅子を見かけると、仲間意識のようなものを感じる。だから、バスの乗り降りをする車椅子の人を温かい目で見守っていたが、中にはイライラとその場で待っていたドライバーも居たかもしれない。

電車にベビーカーを乗せることについても、議論が分かれるところでよく話題になっている。私の子どもはもう大きいが、ベビーカーを使っていたこともある。ただ、私たちの子育て時代は余裕がなく、電車に乗ってまでベビーカーで遠出をすることはなかったので、ベビーカーを畳まないで乗ってくる親子について知った時は、邪魔になるのではないかと正直思ったものだ。しかし私の妹は、ベビーカーを畳んで子どもも抱えると、とても危ないのだと言う。電車しか交通手段がない人はベビーカーでも電車を利用するしかない。育児をしている世代はその意見に同調するだろうし、育児と無関係の人、現在は育児から離れている人は、自分の立場で考えてしまうだろう。

車椅子もベビーカーも、基本的には弱者だと言える。弱者に優しい社会を目指したいものだ。