安いプロテインと高いプロテインの違い

僕は最近になって、近所のボディビル・ジムの通い始めました。自分でもまさか、20歳を過ぎた今になって本格的に体を鍛え始めることになるとは思ってもいませんでした。ですが、実際にやってみると、日々のトレーニングの成果が大胸筋などに出始めたりして、「自分が変わってきている」ことを実感すし、毎日素敵な気分で過ごせています。

脳卒中|病気について|国立循環器病情報サービス

さて、僕が始めたボディビルを代表として、この時代、体を鍛える人なら誰でも一度は興味を持つものに、「プロテイン」と総称される栄養補助食品があります。この食品は、砂糖のような白い粉末状になっているものや、飲みやすい「ココア状態」にしたものまで、かなりの種類が販売されています。

プロテイン オススメ

実際にプロテインを始めて購入しようとする人が、まず戸惑うであろうことに、プロテインの値段の幅広さがあります。高めのものなら1キログラムで6000円以上、安めのものであれば同じ重量で3000円前後と、かなり値段に違いがあります。
これら販売価格の違いは、一概には言えないものの、含有されているプロテインの成分差によると一般的には言われています。基本的には値段が高い商品には、低脂肪で高たんぱくな成分が使用されており、より高い効果を得たい場合はこちらを選択することが推奨されている様子です。

泌尿器科 | 朝日大学歯学部附属村上記念病院

とは言え、初めてこれらの栄養補助食品を使う場合は、そこまで値段にこだわる必要は無いようです。実際僕が最初に飲んだプロテインも、1キロ3500円の商品でしたが、きっちりと自分が得たい効果が得られたと感じています。
まずはお試し的な感覚で、「買ってもいい」と思えるものに手を伸ばしてみると良いと、僕は考えています。