自宅の売却価格を自分で決められる売却方法について

自宅の売却価格を自分で決められる売却方法について述べたいと思います。

多くの人はマイホームを持つという夢を見ます。そして、いい物件が見つかったら、住宅ローンを組んで家を建てたり、家を購入したりします。

千葉市:債権者登録について

しかし、ローンが返済できなくなったり、他の借り入れの返済が滞り担保になっていた自宅を競売にかけられたりして、家を失ってしまうというのはよくある話です。競売は落札者がこの値段なら購入したいと思う金額を入札します。ですので、魅力のある物件であれば高い入札額で落札されますし、魅力のない物件であれば落札者がいないという場合もあるでしょう。

それとは対照的に、自宅の売買価格をある程度自分で決めることができる売却方法があります。それが任意売却です。

仙台 任意売却

ただし、自分で価格を決められるからとは言え、あまり理想ばかりを追い求めてもその売却はうまくいきません。なぜなら、任意売却には「売らなければならないという事情」があるからです。家を売る理由が「転勤になり、二度とこの土地に戻ってくることはできないから」などといったものであれば、高すぎる値段に買い手がつかなくても「高すぎるのだから仕方がないですね」で終わります。しかし、任意売却とは、そもそも借金を返済するために行うものです。家を売って、少しでもお金を返すことを求められていますから、「売れませんでしたので、借金を返せません」というわけにはいかないのです。金融機関からも現実的に買い手のつく値段での売却が求められます。

住宅ローン減税制度の概要 : 財務省

とは言っても、任意売却ならば、有能な不動産業者に依頼することにより希望価格に近い値段で売却することができますし、競売よりも様々な点で融通がきくのです。