歯並びの良さの大切さが大人になって初めてわかった

子供の頃は容姿などは気になるものの、それほど歯並びについては気にしてきませんでした。それは他の人達も同じで、高校生くらいになったとしても、髪型やまゆ毛などは整えていたものの、歯にはそれほど意識を注いでいなかったと記憶しています。しかし、それから数年経って大人になった今、歯並びの良さの大切さが初めて分かりました。歯並びの良さは、子供の頃に必死に整えていた髪型やまゆ毛などよりも、もっともっと重要な部分であったのです。

治療した歯や歯周組織を維持するためのメインテナンス:メインテナンス:MI21.net

そのことを実感したのは、社会人として仕事を始めてしばらくした時のことです。私の様な総合職は、基本的に人と接して商談を行うことが日々の生業になっているのですが、この商談を行う上で気を付けておくべきポイントが商談の内容も然ることながら、それを伝える自分自身の印象であることに気が付いたのです。その印象を大きく左右するものとして、歯並びが大きな要素となっていました。歯並びが悪いとどうしても相手に不潔な印象を与えてしまう部分があります。



しかし、逆に歯並びが良いとすれば相手に清潔な印象を与えることができますので、少なからずその商談を円滑に進めることができるようになるのです。

デンタルフロスの使い方|自信が持てるオーラルケア|リーチ® 歯肉溝まで届く

世の中の成功者や、若くして多額のお金を手に入れたビジネスマンの多くは、そのお金を元に歯列矯正などを行って歯並びを整える傾向にあるとも言われています。それだけ大人になってからの見た目や、ビジネスでの印象においては歯並びが重要な位置を占めているということなのでしょう。大人になってからこのような思いをするのであれば、私ももっと早い段階で歯列矯正などを行ってこの歯並びを十分に整えておけば良かったと後悔しています。